<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Meまでよみがえらせることができました。
フォーマット形式をFATのままにしてアップグレードしました。
搭載メモリーが32Mなので、ここまでが限界です。
テキスト編集ではドラッグアンドドロップやらIME2000の日本語入力やらのつど、たちまちスワップファイルアクセス大入感謝でございます。

Forefoxをインストールしてみました。
要求スペックに及ばないんですが、何とか動作しています。

とはいえ、XPよりも前のWindowsは既にサポート終了となっていますので、いずれ縁を切ることになります(あくまで試用ですから)
・・・にしても、SSD、いろいろ検索しているんですが、IDE互換の製品ってなかなか見つかりません。もはやSATAのしか製作されていないのかも。

(SSDとはソリッドステートディスクのことで、最近ようやくノートPCなどにも搭載されているモデルが発売されるようになりました。
半導体記憶素子で構成されているので、磁気媒体のHDDとは違って、モーターやヘッドアームなどの機構はありません。)

昨年フラッシュメモリーを内部に組み込んだ製品がチョコッとだけ脚光を浴びたようですが、それはHDDに匹敵するほどの性能を保証するものではありませんでした。
同じくして結構自作派に受けがよかったのがCFカードを組み込むアダプター(シリコンディスクビルダーという品名)で、割切って使うとすればむしろこっちのほうがよいのかも。

さて、はからずもソフトウェアとハードウェアのシーソーゲームみたいになってしまいましたが、実はこの試用、エコロジーとセキュリティーと2007年問題をいっぺんに解決できないかなーみたいなニッチな発想から始まったことなんですけどね。

代替記憶媒体については実際に導入が叶ってから具体的にレポートします(近いうちに)

追記:世間体的にはこんなところじゃないかなというお話→ワトキンス氏談
じっくり腰をすえて理想的な製品をと言うのが本音らしい(もっとも、そのほうが長期的な戦略において確実かつ有益であるということなのかな)
[PR]
by Cicadas | 2007-06-30 15:29 | パソコンは生きている

現在この記事は、笑えるくらい古いかもしれない東芝製ノート(*1)Windows95(*2)を2GのHDDにインストールし、これも結構古いPC専門誌の付録CD-ROMに添付されていたIE3をまずインストールし、それから数年先のこれまた似たような付録CD-ROMに添付されていたIE5(*3)にアップデートし、ウイルスフリーな状態(*4)で繋げて書いています。

動画なんぞはまるで国会の制止画中継(*5)みたいで、耐えられないにしても、テキストと画像だけくらいはまだまだ十分使えるので、試験的にこのまましばらく継続試用します。(誤変換じゃないよ)

これは、いわばセキュリティー耐性のテストです。
すなわち・・・
最近教わったことなんですが、複数のパソコンをルーターやハブなどで通信を共有した場合、全体としてのセキュリティーレベルは、セキュリティーレベルがもっとも低いPCのそれになるそうなので、実際どうなるかの様子見です。

本当はLinuxサーバーとして使えるかを試すためにとっておいたものですが、最近のはCD-ROMブートを前提として配布されている(*6)ため、結構面倒くさい。で、それはあとまわしにしておいて、ちょっと懐かしさに浸りつつ、今後の展望(*7)を再構築してみようかなと・・・

こんな使い方も・・・まあ、たまにはいいでしょう。


(*1)TOSHIBA Satellite Pro 460CT
(*2)現在はサポートされていません。
(*3)現在はIE6がオンラインでダウンロードできますが、(*2)なので無理。
(*4)脆弱性対策に関するサポートは、検索すれば見つかりますが、そこまでして続けるつもりはないので、今のところ手を出さないでいます。(IE5のセキュリティのレベルはデフォルト(中)です。)

(*5)証人喚問とかは、希望によってそのようなやりかたがある。
(*6)ネットワークインストールとか方法はあるらしいのですが、そのやり方も見つけたものの結構情報が古い。最新のものはFDD起動を前提としていないし、要求される環境も高そうなので、もっと調べてみないと・・・

(*7)SSDとLinuxでシンクライアントを作ろうかなとか。あとNASだったっけ、VISTAはそのあとかなあ・・・結局VISTAは新しめのATXで自作とかだと、メモリーカードとか廃熱とかいろいろ考えなきゃ・・・ううーんドウシテモ不経済だわ。

後記:ウイルスは他に影響を及ぼすこともありさすがにやばくね?なので、AVG Free Editionを導入。
[PR]
by cicadas | 2007-06-23 04:15 | パソコンは生きている

前編:選択肢としてのパーティープレイ

サッカーやテニスや野球やらのプレーヤーが当事者となるスポーツゲームでは、ゲームセンスと言いますか、プレー中に、勝利に結びつくための忘れちゃいけない感覚、腹八分のときに瞬時に120%以上の力を発揮できるようになる、モチベーションのひとつとして要求されるような、感情にも似た何か・・・それは、ひとことで言えばプレーすることであり、メークするものとは表裏の関係にあって、バランス巧みにこれらを備えることで、プレーヤーは成長し、回ごとに力をつけてゆく・・・

なんのこっちゃようわからんですか。
いや、前置きですので、あまり気になさらないように。

このカテゴリーは基本的に私が勝手気ままに、つれづれと記事にしているだけのこと。
要するにあたしゃー感覚人間なんで。

記事らしい記事が書けるには相当時間をかけなければならないし、かといってなまじ練りに練った内容だと、内容が無いようーみたいになっちゃうかもしれません。

そう、これもある感覚が支配していることを是認しているがために、わりと楽しんでプレーしてメークして・・・それを部分的にでも共有できたら、たぶんきっともっと楽しい。

BLOGと言うスタイルが広く世に知られるようになり、私が最初に興味を持ったのはコメントやトラックバックなどの、多人数かつ双方向で情報のありようを拡張させる点についてでした。

実際、ブログをおったてた人が制限を自由に調節しながら、思い思いに記事を投稿する。そしてその記事に対して興味を持ったりオブジェクションを当てたいと思ったりした別の人が、関連記事を書いてリンクしたり、この辺の立ち回りというか、振舞いかたというかが、トラックバック先、コメント先における制限の範囲内で自由にできる。

そんなこんなして、この数年チョコッと振り返ってみると、この感性も最初の頃よりずいぶん変わってきたかなど思う今日この頃でありますか。

って・・・ようやっと前置きを締めることができるわけですが、ネットゲームを長くやっている殆どの人は、たぶんとっくに気づいているはずだと言います。

それらによって、それに触れる前よりかは、ずっとずうーっと、今の感性の方が鋭く、いくぶん立派になっていることに・・・

基本はパーティーなMMORPG
[PR]
by cicadas | 2007-06-20 00:26 | 感情論(徒然に

「篭る」のは大嫌い

天気が快晴で日照が強いと、外気温が上昇し、風がその熱の篭った空気を運んできて、開けている窓めがけて襲ってきました・・・と、これは平日の職場でのことです。

室内がなぜ暑くなるのか・・・オフィスの場合、気づいちゃいるけど誰も口にしないのは、室内が狭いのと、空調が効いていないのと、机に1台ずつ設置されているPCがフル稼働であること・・・だいたいそれくらいかな。

帰宅してからは・・・まあ、設備と言えば、部屋なんて広くありませんから、空調もたいしたものはありません、卓上型クーラーと扇風機くらいですから、ええ、ブルジョアですから。

家庭内でのPCは2台稼動させています。

1台はゲーム用と化してしまったスリムなパソコンで、もう1台は古いモバイルノート型。このうち後者の熱がたんまり篭っていて、放熱シート(5ミリくらいの厚さのPCクーラーと称されるもの)は一応下に敷いてはいるんですが、一日中つけっぱなしにしていると、その暑さは尋常じゃありません。(いつまでも放置しているとデバイスエラーのブルースクリーンをこの季節になると何度も見る羽目になりますので、なるたけ1日に1回は電源を落としています。)

つい最近、ちょっとした思いつきで、外付けのSDドライブにインターネットのキャッシュを保存する設定に変えたりなんかしても、なんか、無駄無駄みたいな、これはもう、付け焼刃ですね。

また最近、SSDがようやく市場に出て、価格の動向(もっと下がれもっと下がれ)にたいへん注視しているんですが、本当にハードディスクに取って代わるのかどうかは、2年くらいしないとわからないし(消耗品としての寿命はそれくらいかな、公表は4年くらいだとか言っている人もいるけれど。)なので、いまだに二の足を踏んでいるんですが、夏ですから、きっと耐えられなくなって、翌月には移設などするのかも知れません。

それから、これもまだ構想なんですが、スノコかスタンドアームかなにかで、底面の通気性をもっとよくしようかな、ブロックとかでもいいかとか・・・なので、最近100円ショップを徘徊することが多くなってきた気がします。

これからどんどん暑くなってきます。体のこともさることながら、PC周りの環境改善にも心がけ、なるたけ気持ちのいいことになりたいものです。
[PR]
by cicadas | 2007-06-16 12:34 | パソコンは生きている

CNN.co.jp : 米シャトル「アトランティス」、打ち上げに成功   - サイエンス
に対するつぶやき・・・以下断片的に関連するようなフレーズなどをつらつらと・・・

・・
宇宙は広い。
それゆえ、その開拓に託す夢の偉大さも、破天荒なんだと言います。

人間の好奇心には歯止めが無い。
ただし、一人一人生涯という境界があることを、人間は忘れてはならない。

人は決して一人では生きてゆけない―なぜならば、最悪の場合その夢を引き継いでゆくことが不可能となるからである。

夢は、引き継がれてゆく形態をもって、長く生き続けることができ、その夢が果てしない夢ならば、諦めない限り、いつかはその夢がかなうという条件の下で、その普遍性を保つことができる。

チョと辛口:
(引用)2010年のシャトル引退までに、あと13回の飛行を予定している。

ということは、それまでに戦費などで予算が削られる可能性を考慮して、ますますローコストな技術開発に対する要求が強まる。
期限が決められちゃってるっぽいから、この3年間は、どうなってゆくのか・・・

きっと、地球上ではめまぐるしくいろいろなことが変化してゆくんだろうかな。
[PR]
by cicadas | 2007-06-09 20:47 | memo

静かな胎動

何度も言いますがこれは韓国での情報なので、日本向けではないです。(念のため)

プテ2公式サイトの【関連記事】よりWeb翻訳、若干脚色して抜粋
代表名等はそのまんま

登録日 2007-06-01 ヒット数 1607
Yedang Online 次世代大作プリストンテール2
2次クローズドβサービス実施
- プリストンテール2、2次クローズドβサービスを6月8日から実施
- アクションMMORPGの真面目(新星?)見せてくれるはず

グローバルゲーム会社Yedang Online(代表金藍鉄、 www.ydonline.co.kr )は、アクションMMORPGプリストンテール2(以下プテ2)の2次クローズドβサービスを来る6月8日から15日まで実施する。

今回の2次クローズドβサービスでは、1次テストよりアップグレードされた打撃感、多様なスキル使用、及びUNREAL2.5エンジンの派手なグラフィックとともに、1次で公開された2種族、3個のクラスにモライオンのナイトを加え、全5個のフィールドで50レベルまで冒険が可能だ。

また、ゲームのアクション性を強化した 「モータルコンボシステム」を土台として「明日のアクションを追い求める」というテーマに合わせてMMORPGプテ2の真面目(新星?)を感じるように構成した。

これと共に、首都圏に20箇所余のプテ2テストPC部屋(ルーム)を選定して、 テスト期間中、該当のPC部屋で接続できるゲーマーなら誰でもテストに参加可能にする予定だ。

Yedang Online 開発管理本部イチォルギュ企画チーム長は 「1次テストを通じて受けた指摘や褒め言葉(いい評価)などゲーム利用者の意見を積極的に取り入れて今回のテストに反映した。」と語り「サーバー及びシステムの安定化に重点を置いた前回のテストでは感じることができなかったプテ2の打撃感とアクション性を今回のテストで体験(体感)することができると期待する。」と伝えた。

今回の2次テストは総勢1万名を対象として施行され、5月16日から 6月3日までプテ2公式ホームページ( www.pt2.co.kr )を通じて申し込むことができる。

Yedang Online が3年間100億ウォンを投入して開発中のプテ2は、去年5月に開催された世界最大のゲームショーであるE3で最高のゲームと好評を博した事がある次世代期待作中の一つで、来る9月公開サービスを経た後、4半期商用化を計画している。


・・・に思うこと
[PR]
by cicadas | 2007-06-04 23:35 | 蝉の羽音

この連載ではなるたけゲームに入った感に指向した内容で進めています。が、そろそろこの連載の内容が、わけがわからなくなってきたようなので、整理するために、定義めいたことをアレしておこうかなと。
ゲームに入った感ってーのはだいたいどんなことかというと、キャラクターとユーザーの狭間にある、どちらに属するか曖昧で、存在感はあるものの、実態はともなわなくてぜんぜんOKみたいな、いやはやなんともなところの感情を言います。(たぶん)

俗に言う「中の人は・・・」とかいうところの、「人」は、実体を伴います。が、必ずしもその人が「人」でなくてもいい。ゲームに入って感情を移入したキャラクターを、その「人」でなければならないことはないのであって、ドライバーの性格が豹変したり、また、演技によりあらかじめ心得た性格のキャラクターに徹したり、同じ人でも、常にすべからく、一部始終、産湯から袈裟まで、αからωまで、ぜーんぶがその「本人の感覚でなけらばならない」ということはないし、実際のところ、どうがんばってもそうならないだろそれ・・・と考えます。

ユーザーの操るキャラクターをオブジェクトとするならば、投入する感情もオブジェクトであると言う前提に立つと、この中間(若干キャラクターよりか?)に介在するのは(確かに介在するようなんですが)いったいぜんたいそれって、どんな仕業なんだろうか。と、今春にふっと湧いたのですね、アイデアというか、閃きというか・・・

これはオフラインのゲームには起こりえない感情です。
(きっぱり直線的だからね)

なので、これを解明すべく(というか、少しでも解に近づくために)それに近しいかもしれないなと言うことを記事にしようと、連載を企画するに到りました。

そんなこんなで、隣の竹やぶがどうとか、猫がキーボードに粗相をしたとか、だいたいそのようなそちら側のことは、たぶん書きませんので、念のため。)

では、いっちょういってみますか(って結局前置きなのよね、しかも長い・・・orz)

リセットに勇気が要るなんてw
[PR]
by cicadas | 2007-06-04 01:41 | 感情論(徒然に