<   2006年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

スケルトンでウサ晴らし

ルシディー群が停止しているため、ソペティオ群にてプリスティスを強化。
狩場は廃墟郭で、スケルトンクリスタル小出し(2~3体)です。
我流ですが、そこがけっこう穴場みたいなんです。
ルイネンタウンや冒険の廃墟がきつかったり飽きたりした時にはお勧めです。

ヒールまでは憶えていたので、時々クリスタルモンスターなど回復させながら、サクサク上がります。
味をしめて途中で投げていた初心者クエスト「一目の化け物」をこなしました。
でもターゲットの出て来る冒険の廃墟では骨弓(スケルトンアーチャー)が複数出てくると痛くてたまらない。へたすりゃ同時に沸いて奇襲、たちまちおっちんじまいます(ステータス配分幾つか保留のため)。

で、やっぱ慣れてるところが良いねってんで、元のところに戻り、作業続行。
Lv18となりました。
当初はGMクランにでも入学(潜入)しようかと目論んでいましたが、それもできずじまいだったので、丁度よい機会だったのかな。
のどかなピーライへいらっしゃーい^^
ありがとうございます。

後記
[PR]
by cicadas | 2006-05-31 00:27 | 蝉の羽音

ネットゲームのデータセンターからHDD 30台が消える、個人情報流出の恐れ
私は、その記事に公表されているサービスの個人情報などを登録しているユーザーではありませんが、
その記事を見て、悪寒が走ったのは決して私だけではないはずです。
媒体って、いともあっさり消えるものなんだと言うことをあらためて認識させられました。
しかも、ユーザーの手の届かないところでとんでもないことになる可能性があるわけで、想像すると怖い怖い。
怖いから、寝る。

いいや!それではいけません!
他山の火事なんてのん気に過ごしていたら、いつ事件に巻き込まれるかわかりません。
ネットワークを利用している者は皆、このような事件を機に気をいっそう引き締めて、管理をしっかりチェックしておくべきです。

参考:以前書いた記事
[PR]
by cicadas | 2006-05-29 23:24 | 近況かもしれない

(いえね、タイトルって、あまりズバットしたものを挿入すると、検索やら、攻撃やら、なにかと不都合があるもんでしてね、ご了承ください。)

・・
のっけから盛り込んで申し訳ありません。

そのワードは宇宙世紀0079・・・って言うくらいだから、1978年くらいに生まれたんでしょうか(ごめんなさい、ここんとこあまり詳しくないです)。ガンダムが世に現れて、もういい年をした大人が孫を得ることがあってもおかしくないような時代になりました。

そのころの少年少女たちは、ちょうど最近になってようやく問題視され始め注目されている団塊の世代の子だったりするわけで、その「親→子→孫」みたいな1サイクルが、現在ちょうど次の1サイクルに転移するような具合になりますか。

しかしながら今、日本と言う社会の多数を占めているのが、ちょうどそのサイクルの中間に位置するような世代なんでしょう。彼らは(私もカ??)いわゆるテレビっ子ゲームっ子であり、その次がバブルっ子であり、クリエっ子(クリエーターの卵)しまいにはもうなんだかわけのわからん萌えっ子にまで至りますか。
でも、そんな呼び名なんて、あとからタグつけるような作業なので、はっきり言ってまあり意味深くありませんので、次に進みます。

2007年問題は、団塊の世代が多数退職することにより、かれらが培い蓄積していった技術やノウハウが、後継にしっかり受け継がれること無く「関係ないねー」でおさらばすることにより産業の発展が減速するみたいな。
特に企業会計などITのある分野では、これまでソフトがだましだまし継ぎはぎして、何とか上手く運用していた事例があって、それを使いこなせる人がいなくなっちゃうってときに、さてこれを汎用ソフトに切り替えようかとか、そうすればコストが甚大とかで、不安と負担(退職一時金)が募るばかり。

でも、そんな問題も、個々に解決されてゆくうちに、包括的にくくって、結果的にあーだったね、こうだったねと評価して終了すると予想して、これもたいした深くない予感。

で、なーんでこんなつまらないようなことを言っているのか、それは、今の私とこれを読んでいる人の世代的なことに対する視点と言いますか、観点が、おそらく永遠に一致し得ないであろうと予想しつつ、話をするための、あいも変わらず長ーい前置きであったり、材料注入だったりします。
(この投稿は前記事と、その前の記事から繋がっていますです。)


個性の結集が実を結ぶ瞬間
[PR]
by cicadas | 2006-05-29 01:21 | 感情論(徒然に

ルシディー群は、前回のバグ?修正による仕切り直しです。
守る側の戦略は、前回ご披露されたんですが、だいたいその時に布陣したものと同様です。
が!
自分の方からは確認できませんでしたが、仲間の話によると、城門の裏からヒールしているのを見たらしいです。(これには気づかなかったなぁ、やられたーって感じです。)どうりで硬かったのと、両サイドに出て来る戦士がほとんどいなかった。

守る側の宰相はなかなかの策士とみた。(そんな人がいたと仮定してですが)

今回は前半SSの品質向上を目的に、グラフィック設定を上げたことから、CPUの処理能力不足により何度も切断されてしまいました。(PCを強化しなけりゃねって今さらながら・・・)

城門が壊されたのが、開始から50分以上たってからだったと思います。実質的にも当該戦略が有効であるこを検証されたのでしょうか。流石としか言い様が無いです。

また、今回は城門破壊後にも、守る側独特の戦略がうかがえました。
今回の傭兵は皆無だったようで、クリスタルが破壊されるのはもう時間の問題と思いきや・・・
クリスタルに攻撃を仕掛けると、後ろからそれを阻まれます。正確に言うと、クリスタルからも攻撃されますので、不用意に接近しようものならーって、不用意に接近して攻撃してみたのですが、たちまちやられてしまいました。
これにはとても感心させられましたね。

それでも守る側の健闘むなしく、残り20分くらいでしたか、奪われてしまいました。
次なる奪還劇に期待します。
また、今回守城クランとなられた方も、さらなる健闘を祈ります。

BGM:哀・戦士達(うぁなにそれ古過ぎ)
[PR]
by cicadas | 2006-05-27 23:12 | 蝉の羽音

早い・・・
pt2.ptnation.com―っと言ってもネーションですからね(念のため)
けど、もともとPTネーションが掲示板のスタイルであることと、プテ2自体別のゲームになることから、自然な成り行きと言っていいのかも。

さて、今後の焦点は、
同時なのが確からしくなるのかどうか。
に尽きるかと思われます。
が、それはまた、動きがあればということで。

徒然なること
[PR]
by cicadas | 2006-05-27 04:23 | 蝉の羽音

4ゲーマの記事とっても興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。
どこでも同じこと言うのですねと言うところが、笑っているところが、なんとなくおもしろおかしい。

ああーそうなんだね。そりゃそうでしょう。

プテの場合は、もともと年齢層を広く取っていたことから、必ずしもそれは当てはまらない。
この辺のことをたとえばユーザー同士でいくら言い合いしても結局は「いろんな人が居る」で終了。
それでもいいと思います。
いろんな人が居るからこそコミュニティーなんですからね。

確かに意思の疎通が図り難いことはありますが、総じて運営を揺るがしかねないような揉め事も特に起こっていないわけですしね。
プテ以外のゲームではどうなんでしょうか、 え?もっといろんな人が居て、もっともっと熱いって?そう言えば昨日は日中蒸し暑かったね。ってか、温度に上限なんてありませんよ。
もっともっと夢を見ましょう。


以上就寝前の呟きでした。
[PR]
by cicadas | 2006-05-25 00:46 | memo

ん?先行ローンチか?

既に何処かのブログで知られていたのかもわからないけど・・・
ハンゲーム - ハンコインに関する重要なお知らせ

業績を測定するためには尺度が必要、しかも尺度の正確性について観点を重く置かなければならない。
どこに置くのか・・・ゲームサービスなどの場合、やはりこれは
稼動している顧客の数(うはー我ながら変な言い方;;)
をいかに正確に掴むかが課題となる。(いやゲームサービスに限らないんでしょうがね)

1月24日付になっているけど、少なくともプテ2ウォッチャーにとっては、この動きは注目に値する。
想像に過ぎないが、前期(2005年度)のかなり前から、いや、ひょっとするともっと以前から、大きいタイトルを探していたに違いない。
(つまり、猫の首根っこつかめたかのようにこの種の動向をプテ2に繋げてみただけなんだけど)

頭から尻尾まで整理して、健全な体制で出発する―それはどんな業種でもたぶん必要なことなんだろう。
ああ、詳細が掴めるまではこっちも安易にかじりつくことは、まだ時期尚早といえるかな。
うんうん。経営の秘匿性と拮抗するようなことになるのも、どうかとも思うしね。

つまりは、静かに見つめていよう。以後公開情報が無い限り口にチャック・・・かな?
[PR]
by cicadas | 2006-05-25 00:04 | 近況かもしれない

蘇るPC-8801伝説 永久保存版
アスキー書籍編集部 / アスキー
スコア選択: ★★★★★

堪能しました。

付属CD-ROMによりゲームが幾つか再現できます。
と言っても、自分の知っている(見たことのある)そのころの市販ゲームと言えば、イースⅡのみであり、しかもそれは、友人が学校の実験室に持ち込んで動かしたのを傍らで見ていただけだったし、殆ど縁がなかったと言っていい。

なので、特段これをプレーしましたーなんて事はないのですが(キーボード操作もめんどいし)、それぞれのゲームには、その頃のPCならではのオープニングがこっていて、タイトルミュージックが、いかにも「手でコード打ちこんでたんだよー」みたいな感じが伝わってきて、それでいて、なかなかの臨場感を演出している点で、
渋い
の一言に尽きる。

古いPCのことをちょっと
[PR]
by cicadas | 2006-05-23 02:10 | パソコンは生きている

ルシディー群では、不具合が発生していました。
開始後数秒も経たないうちに終了となってしまう。
裏方さん大慌てだろうなぁ・・・どうかよろしくお願いしますorz
再開後も同じ症状で、このままではゲームが成立しない。
緊急メンテのため20時50分頃ログオフ。

結局原因不明で中止となりました。
暫定的な措置と思われますが、GMクランが守城クランとなっています。

尚、今回のリポートは、中立性の観点から、中止のお知らせが出るまで非公開としていました。
「なんだよそれ実況になってないじゃんw」
なんてー突っ込みはナッシングの方向でどうか一つ。orz

戦闘開始前の光景
[PR]
by cicadas | 2006-05-20 21:00 | 蝉の羽音

PTネーションフォーラム> Priston Tale 2 Preview まとめ

もう寝るのでとりあえずブックマークレットだけしておこう。
うぁぁねむねむネーションorz


後記:
後ろの方だけね、ジョンさんのコメントっぽいけど
クローズドβは2006年8月に、商用リリースは2007年前半(早いうち)に予定されています。

うーんやはり流動的な雰囲気を読んでいるからなのか、それとも過去の経緯からの推定が若干含まれているのか、微妙ですことよ。
でも、もう1年経てば現実にお目見えすることにはなりそうなので、プレス情報などもこれから注意して見て行かなければならないかな。

追記
[PR]
by cicadas | 2006-05-19 02:27 | 蝉の羽音