<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ここに書いても、個々に環境は違うのだから、あまり参考にならないのかもしれないが、なにかのヒントになるかもしれないので、書き留めておこう。題して・・・

ドリトル先生航海記もどき
[PR]
by cicadas | 2006-02-27 02:24 | パソコンは生きている

神戸へ一泊(出張)してきました。
今回初めて神戸空港に訪れましたが。開港したばかりなので、とてもにぎわっていましたね。
一方、途中に寄ってみたポートターミナルは、それとはまったく対照的で、なんとも考えさせられました。(豪華な船とか停泊していなかったせいかな)
もっと残念なのは、ここのところ阪神地区のチョコット古めのテーマパークとかレジャー施設が、自然淘汰なんでしょうか、どんどん閉鎖になって、それも、ポートアイランドにあるポートピアランドさへ今年3月いっぱいで閉園だそうです。
お近くの人も、お近くで無い人も、機会があったらぜひ足を運んでみるといいです。

これこれを見てこれこれを考える
[PR]
by cicadas | 2006-02-25 01:36 | 近況かもしれない

XPXPXP

現在、我が住まいのルーターには3台のPCが接続されている。

一つはノートで、Thinkpad240と言うもう古い奴、リカバリーCDが前世代のOSのため良くハングアップしたのが我慢できなくて、メモリーを増設して別の領域にXP(HomeEdition)を実装し、このブログの投稿や、他のファンサイトブラウズなどによる情報収集に使用している。

タワー型は最近ゲーム専用機としてリニューアルした。2つのハードディスクを搭載し、ルートドライブにはゲーム(今のところ1つのみ)以外の余計なソフトはインストールしていない。セカンドドライブには、マイドキュメントのデータと、過去のSS画像、その他ダウンロードしたツール、マルチメディアデータなどの保存用、又、特定のディレクトリを他のPCと共有させている。
XP(ProfessionalEditionServicePack2機能強化版)によりアップグレード。

もう1台、見てくれは10年以上前の富士通製デスクトップ型に、500MHzのCPUが搭載されるボードに組みなおした改造機(そのころは富士通DESKTOP用とかIBMのタワー用とかのお手軽な交換キットが発売されていた)
XP(ProfessionalEditionからオンラインでServicePack2までアップデート、めっちゃ時間がかかった;;)これは主としてメール用。

やっかいだったのがセキュリティー設定で、それぞれのIPアドレスをセキュリティーソフトで進入許可に設定しておかないと、タワー型の共有エリアに他のからアクセスできないこと。でもこれはログがとれていたから、それを見ながらどうにか利用できるようになった。

驚くことに、ゲームにログインしている最中でも、何の支障もなくその共有リソースを利用できる。つまり、ホームネットワークの構築が正しく設定されていると、一方では外にアクセスし、他ではあたかも別の通信が行われているようなことができる。

又、これらのリホーム(と言ってもいいだろう)の作業中に、USBメモリで持ち運べるPortable Sleipnirなんてーのが発表され、早速利用している。

又又、これも作業中に購入したVGAカード、GeForce7800GS搭載のNX7800GS-TD256(平行輸入品、つまりメーカーからのサポート無し) を購入し即日セットアップ。
わりと快適な環境でラグ(極度に動きが重くなる状態)も気持軽減されたようで満足している。

さて、そうこうしているうちに2月も末に入りまして、職務上出張などで忙しくなり、ゲームの時間が十分に確保できなくなっていますが、まあ、急がずあせらず行きましょう。

旅はまだまだ続くのですから。
[PR]
by cicadas | 2006-02-21 02:02 | パソコンは生きている

至福の食卓(仮)

イタリアでは冬季オリンピックが開催されております。

日本では、カップラーメンとそれ系即席携行食品などが、オリンピック記念ということで、(カップめんが)好きな人にはうれしい限り。

麺類はもともと中国大陸からもたらされたので、このあとの北京オリンピックも期待すること超宇宙的な大きさなものを、ついつい夢に描いたりする(この辺はたぶんそこらじゅうの食品業界では「ありふれてるよその発想w」なんって言って、けちょんけちょんにされるんだろうなぁ・・・)

どんなにか練られた戦略的な商品開発だって、結局は購入して湯をわかしてカップに入れて数分待ち、ふたを開けて食するのは、その目的に則った口と胃袋を持ち合わせている消費者だと言うのにねぇ(なんのこっちゃ)

土曜日曜は休日なので、自炊か軽いコンビニものか、飯店かのいずれかですが、今日の食卓を飾ったのは、それは
①カレーヌードル
②イタリアシーフードヌードル
の、2種類のカップラーメンだった(プロジェクトエックス風)

旅人は、湯を沸かし、2つのカップに入れ、①には気持少なめに入れた。
3分待ち、ふたを開けて、②を先に食した。
そしてやがて、②のめんを全て食べ終わった時、旅人ははっとして割り箸を置き、心の中で、
うめいた。
しまった!①の湯が少なすぎたか・・・orz

旅人は、無粋で、大雑把な性格の持ち主だった。
再びコンロに火をつけて、また沸かした湯を足そうものなら、あれよあれよと時間が過ぎて、①のめんがのびきってしまう。
時間が足りない、どうしよう。
旅人は慌てふためいた。

だがその瞬間、左手に持った①のふたをおもむろに空けて、また心の中で、
こう叫んだ。
ええーい!ままよっ!!どっちもおいしいのだからいっしょにしてしまえ!!

旅人は右手に持った、まだ暖かな②の残り汁を、①に入れて、かき混ぜた。
食した。
うまかった。
新たなレシピの誕生だった!
宇宙空間へこの味をもっていかれでもしたら、もしかしたら、世界はもっといまよりもずっと平和になっていたかもしれない。
旅人は涙した。

てな感じで、思わぬヌードルスープの発見をしたのは、決して私だけではないはずだぁー。

そしてその翌日
[PR]
by cicadas | 2006-02-19 19:44 | 近況かもしれない

汗だくな日

さっぽろ雪祭りの終わる頃から、冬型の気圧配置は崩れはじめて、三寒四温のリズミカルでクレバー且つスピーディーな日々の送り方が、春を呼ぶにちがいない。

昨夜まで日中は妙に暖かく、汗などを余計にかいた。

人体の排泄機能は、ここのところ社会人にとっては、溜まるストレスとともに低下しつつあると言う。
又、この頃、スギ花粉が、関東では千葉―茨城―埼玉と、植林濃度と伐採頻度との相乗効果で大体そんな順番で都心に向かって大きく渦を描きながら襲ってくるのだろうか。

渦と言えば、冬季オリンピックのみどころはやっぱフィギュアですか。
フィギュアって・・・あんた、別のを想像してたでしょ。

っと、ここでちょっとした思い付きですが、フィギュア選手のフィギュアなんか・・・だめですか?作れたとしても売れそうに無いから?よしなさいって?(伊藤みどりフィギュアがもし売ってたら買うかもしれない、ファンだったんだ)

・・・と、つまり、これこれこのようなマイ春が既に到来している模様です。
[PR]
by cicadas | 2006-02-16 00:40 | 近況かもしれない

冬らしさ

以前公式コミュニティページのQ&Aでチョットだけ話題になっていた、アカシヤの森の異変についてのレポートです。
実は今日になって(遅っつ!!)、ご覧のとおり、この残雪のような物があることに気づいたんですが、なんとなく季節を感じて、落ち着きますね。
a0005564_20514579.jpg

ってかこれって、不具合情報なんですね...orz

あと数箇所ほど
[PR]
by cicadas | 2006-02-11 20:53 | 蝉の羽音

答えだけ

・日常では
無の想像以外のことを何かしきりに想像していること
食事や仕事に集中すること
目が疲れてきたら早めに眠ること
青い空を見上げる時、その色の「青い」とか、それが「天空」だとか言うことを思わないように、ただうれしく思うこと。
赤ちゃん連れや、ペット連れの人とすれ違う時、その人ではなく、赤ちゃんやペットと目を合わせるように心がけること。

・非日常では
逃げずに前を向くこと
夢を捨てないでいること
己の肉体の温度を感じ取ること
誰かが想像した、ありそうに無いものごとが、もしかするといつかどこかでありうるかもしれないと考えてみること。

決して、この答えを、固定せず、又、これに限定しないこと。

うーんむずかしい。又一月したらこれらとは違うのが思いつくかもかなぁ。
[PR]
by cicadas | 2006-02-08 01:42 | 感情論(徒然に

セキュリティーソフトやその他の必要なツール(HDDhealthもそのひとつ)を引き継いで、ゲームをダウンロードし、インストールしました。

実行してみますと、体感的にとてもサクサク動きます。
ところがサーバーエラーは起こります。

サーバーエラーとは、ゲーム中に、チャット欄に意味不明の半角カタカナ交じりのエラーメッセージ(赤字だからね)が表示され、それと同時に回線が接続されるやつのことです。

ウェブサーフィンをいっぱいした事のある人の中には気づいた人もいるかもしれません。稀にあるページが表示されなくて、同じような文字列のあるページが表示されたことがあり、それを適当にエンコードを切り替えると、「サーバーエラーです。」と言うメッセージであることがわかって、その時と同じ文字列だったので、まぎれも無くサーバーエラーです。

しかしながら、その原因が何によるのかは、知ることは出来ません。この辺はたとえバビル2世でも出来ないこと。

そこで、サポートページに飛んでいって、お問い合わせを利用することにしました。
方法はいたって簡単です、該当する手続きに厳正に忠実に従って、お問い合わせをしましょう。
そして、回答があったら、その内容に従ってみましょう。
2次利用は禁じられているし、環境が個々にまちまちなため、ここで具体的に書くことはありませんが、ほぼ確実に改善策が見つかるはずです。中には、
ああーっこれだったのか!

みたいな歓声を上げることがあるかも知れませんしね。

連載はひとまず
[PR]
by cicadas | 2006-02-08 01:09 | パソコンは生きている

めでたくXPをインストールした後は、必要なデバイスドライバをセットアップし、必要なデーターを戻す。
必要なデーターとは、フレンドリスト他なことは前に書いた。
ただし、それらのデーターは、前のユーザーアカウントで暗号化されているため、それを解除するために、ハードディスクを交換前の状態にいったん戻す。
フツーならこんなことしなくてイインダよな・・・orz

と、ここんとこ何度「orz」を多用しているんだいいかげんしつこいよ!とひそかに自分自身につっ込みをいれつつ、ハードディスクはそー





っと静かに丁寧に、それだけ気を付けて扱わないと・・・
事実、交換前のHDDhealth(フリーウエア)による警告指数(100%に近くなるとクラッシュがちかくなりそうな)は、交換前の80%から1ポイント増加していた。(交換後の新HDDは25%であった)

それは何もかち~ん、こつ~んと言った衝撃のみによるのではなく、ケーブルを抜き差ししたり、回路や端子に触れたりすれば、それだけで寿命が縮んでしまいます。たぶん、きっと、間違いない、かも。

それだけリスクがある作業であるし、ハードディスクが消耗品として認識されるべき所以でもある。

ことあるごとに「自己責任で・・・」「自己責で」とか断りが挿入されているのも、まかりまちがえば、いや、ちょっとしたことでも、その行為が原因で思わぬ喪失感と、損失をもたらしかねない、そんな高いリスク。

ご用心なさい(自分に)
[PR]
by cicadas | 2006-02-08 00:35 | パソコンは生きている

Windowsのインストール作業。まずは、パソコンの導入時に添付されてたWindows98SEから始める。

以前、XPを購入していたと書いたが、正確には、それはアップグレード版であった。しかしながら、SP2に対応した幾つかのアップデートも含まれていて、結果的には余り時間がかからなかった。
ただ、ゴールへたどり着くまでの道のりは、山あり谷ありで、例えば、
DVD-ROMドライブしか装備していなかったためか、BIOS設定がデフォルトだと、インストールCDを刺してもすぐにメモリーが足りませんとか出てフリーズするし。
当初FDISKでNTFSを有効にしますかという問いにYesとしてしまい、余計に手間を増やしたり。
そもそもそれを試みたのはパーテーションを切って1台のハードディスクにC:とD:2つの領域を企図したからなのだが、スレーブとして接続し、もとのXP環境からそれをしようとしたために、前に小人と話していたところでひかかってか上手く行かず、もうめんどうくさくなって、フォーマットをやり直すこととなったのであった。

結局成功したのは、
新品のディスクだけをマスターとして接続し、認識させた上でCD-ROMブートでパテーションを切らずに、インストールを開始することだった。
なーんか、
自分ってこんなにスキルレベル低かったか?
と、落ち込むこと落ち込むこと・・・まあ、ゲームにはまってこれらの趣味をほっぽって久しくなったわけだから、無理も無いんだけどね。

検索してみると、この手の処方箋は、幾つも見つかる。でも、どうせまたしばらく使っているうちに古くなるんだから、消耗品なんだから、これでいいや、バックアップもリストアもしやすくなってるし・・・

でも、やっぱなんかくやしい・・・orz

[PR]
by cicadas | 2006-02-07 02:15 | 蝉の羽音