火の鳥のようになれるといいのにね

「火の鳥」は、永遠の命を持つ。
幾重にも時を重ねるうちに朽ちてきた体を、火山の火に飛び込み再生させる。

まあ、おとぎ話とか、空想話とかフィクションであるし、実際そのような、メチャクチャ器用なことは、現実においては起こりえない、いかなる物事にも、終わりがある。

しかし、人間や、それによる幾つかの物事は、人間自らがいろいろともがいたり、がんばったりして、できるだけ延命を図る。

なぜそれをするかは、物事によって異なってくるが、漠然とした言い方しか今は出来ないが、ある種の「希望」が微塵でもあれば、そうする衝動に駆られるのだろう。

11月21日から25日までの間、ツクモは臨時休業している。検索すると、お知らせが表示されているので、ここで詳しく書くことはない。

でも、札幌の場合、自作派やコアゲーマーらにとっては、実際便利で、なくてはならないお店であることは否定できない。

希望の光がある限り、がんばって、できるだけ早く再開することを祈る。
[PR]
by Cicadas | 2008-11-22 16:08 | パソコンは生きている