池袋は燃えているか

昨日は池袋のビッグカメラパソコン館で買い物でした。
池袋駅側の本館の直ぐ隣りには、13日からヤマダ電機がオープンしていて、そっち側の歩道が人垣になっていました。

日曜のそれも台風一過な休日だったからでしょうか、子供連れ、カップル、Tシャツ姿、団塊、サイケ、タトゥ、選挙活動、フランスの若者、浴衣、妙にスケスケなおばあちゃん、女学の制服っぽいキャンペーンガール、秋葉系、新宿系、SFヲタクに2ちゃんねるらー・・・は、それが見分けつけれたらネ申wwww
・・・みたいな雑踏でした(苦手なんだよなorz)

にしても、今月はHDD換装(1)などでイロイロ買い込みました。
月前半はSSDとシリビルSDを代引きで(2)、先週はノートンゴーストがメモリ不足だと使用出来ない(3)ことがわかって追うようにファイナルハードディスク入れ替え(4)を購入。更に、USB接続のポータDVDドライブ(5)と、HDDケース(6)、ついでに古いCDを整理するためファイルを複数個、ついうっかりちょいテレの高感度版(7)とかなんかも・・・orz

今年中にはVista用に自作でもしようか(8)とおぼろげにでも計画してはいますが、この調子だと、いつ誘惑にまけてしマックもおかしくはないかも。

XPの環境をバックアップしていますが、5Gを5時間で退避させ(9)果たしてうまいこと行きますかどうか、詳細は結果次第(近未来示唆)





・・
(1)HDD換装
古いノートパソコンを延命させあわよくばLINUX環境に利用しようと言う中途半端なPC知識しか持ち合わせていないくせに、希望だけは捨てない(捨てきれない)そんなPCオタマ(ヲタクの卵)が享楽で行っている一工程。
換装は検索すれば結構個人のHPで残されている物が見つかるので、あまり苦労はないです。先人の方に感謝(リンクは張らないけどね)

(2)SSDとシリビルSDを代引きで
通信販売で製品の代金を支払う方法として、すごく一般的なのが代金引換。このシステムと、とあるエクササイズDVDのおかげで、銀行手数料率の変動と米国株価の低迷に影響しているんだかしていないんだか@@
SSD(ソリッドステートディスク)とシリビル(シリコンディスクビルダー)については前記事で。
ああ、そういえば、SUMSUNGのProduct Data Sheet(PDF)によると、やはりドライブではなくディスクで登録している(NAND Flash-based Solid State Disk)。
国内シェア(韓国ね)から、もう十中八九この名で通用するようになるかと。

(3)ノートンゴーストがメモリ不足だと使用出来ない
ノートンだけではなく、今年以降のユーティティーソフトなどは、XP以降の対応製品であることで、過去の(既存の)制限ばかりで不安定この上ないOS縛りからの脱却を図っている
―よりは、今思い起こせば、もともとWindowsは、95、98、98SE、Me、まではMS-DOSの延長つぎはぎで、開発コストを絞っていたような戦略だったっぽい一方で、アーキテクチャーが革新的に発展することは、残念ながら見受けられなかったように思う(ってかそんなことしなくても当時としてはX86自体ずば抜けていて、さすがにその次を考える人なんか出なかったのかな、最近になってようやくそれっぽいのはどこかしこで小耳にはさむ事はあるかもだけど)―
従って、かく記録しかく実行せよみたいな(十戒だ)サポートポリシーに追随して市販ソフトは開発され、販売されるに至る(そりゃそうしないとコストがかかりすぎるからね)
なので、インストールの場面からその手のチェックが入って、結果、消費者たる私は、メモリー増設か(しないね)、新機構入か(まあ、新規に安く自作かなあ)の岐路に立たされることになる。

(4)ファイナルハードディスク入れ替え
日本語版販売:AOS Technologies の製品名、この他に・・・まあ、店頭で並んでいますから、なにせわかりやすいのですぐ見つかりますよ。

(5)ポータDVDドライブ(ポータ=ポータブルね)
薄くてコンパクトで早くて縦置き横置き両対応である(I-O DATA)
ちなみに、同梱されている添付ソフトに対CD,DVDライティングソフトやデータバックアップソフトはあるが、お引越しには適さないらしい。

(6)HDDケース
古いHDDを裸でしまっておけるほど私の性格は無粋ではない・・・ことにしたいので、ってか、万一のためのバックアップとして活用できなくもないから、玄人志向の製品を購入(安いんだもの)梱包材としての背の厚紙はオプチカルマウスのマウスパッドとして、色も硬さもちょうどいいので再利用(これがエコロジーと言うものだよ)

(7)ちょいテレの高感度版
PCのUSB端子に接続して使用するワンセグテレビチューナー
高感度外部アンテナ付属で、正確には「ウルトラ高感度版」そういえば50っ周年ですね。

(8)自作でもしようか
現在旧ゲーム用だったようなATX(Pentium4)と、古いDOS/V機(Socket370 PPGA)双方に電源を入れなくなって数ヶ月がたつ。
これらを何とかしてやれないかといろいろ模索中で、自作はその内のひとつの案。これらが片付くと、自室がかなりすっきり整理できるのだが、どちらも筐体がでかいのと、古いノートの延命策を実施中であるため、具体的な内容がまだ詰まっていない。
が、ただでさへ狭い室内にこのままだまって居座らせるつもりは更々ないので、Vistaが安定してきた暁には(まあ、冬ですね)着手かも。

(9)5Gを5時間で退避させ
ネットワークを介して相当量空きのあるXPC(X-100、現在はプテ用)のD:ドライブに保存用のホルダーを作成して、そこをバックアップ先に指定してバックアップ実行。
ちなみに、もっと手軽なのが、わりと高速なUSBメモリーであることは想像するに易しいが、いかんせん容量が足りない(2Gを超える大容量のは高い)し、何本も抜き差しすると手間がかかるし管理が難しい(すぐ無くしたり、数が多いと、セキュリティー上の問題が大きくなって、問題が大きくなるのはとても負担を感じるので、敬遠しますです)
まあ、これらを乗り越えれば、以降はもとのHDDが使えるわけだし、どうってことは・・・
ああ、そういえばNAS構築構想ってのもりましたね。結局それがあれば、統合的に管理ができるので、それを先に進めていれば、あんなに苦労はしなかったのかも(懺悔式過去形)

(10)
おしまいですが、最後に、調べてみてよくわかったことですが、HDDの換装とWindows環境のお引越しは別々のものとして、後者は古いノート型PCの場合、制約があって実際はなかなか難しいようです。
でも先人からの情報をフルに参照することも有益だけれども、結局あれこれ試行錯誤の末に、目の前の状況をよくよく踏まえたうえで、クエストをこなす感覚でやったほうが、ベストな方法を導き出せるし、やっていて楽しいもんだ(それなりに時間も消費したけどね)といいます。
(でもなんだか白髪が一本増えた気分ですよ)
[PR]
by Cicadas | 2007-07-16 08:26 | memo