使い方間違ってないか(痛いかも)

現在この記事は、笑えるくらい古いかもしれない東芝製ノート(*1)Windows95(*2)を2GのHDDにインストールし、これも結構古いPC専門誌の付録CD-ROMに添付されていたIE3をまずインストールし、それから数年先のこれまた似たような付録CD-ROMに添付されていたIE5(*3)にアップデートし、ウイルスフリーな状態(*4)で繋げて書いています。

動画なんぞはまるで国会の制止画中継(*5)みたいで、耐えられないにしても、テキストと画像だけくらいはまだまだ十分使えるので、試験的にこのまましばらく継続試用します。(誤変換じゃないよ)

これは、いわばセキュリティー耐性のテストです。
すなわち・・・
最近教わったことなんですが、複数のパソコンをルーターやハブなどで通信を共有した場合、全体としてのセキュリティーレベルは、セキュリティーレベルがもっとも低いPCのそれになるそうなので、実際どうなるかの様子見です。

本当はLinuxサーバーとして使えるかを試すためにとっておいたものですが、最近のはCD-ROMブートを前提として配布されている(*6)ため、結構面倒くさい。で、それはあとまわしにしておいて、ちょっと懐かしさに浸りつつ、今後の展望(*7)を再構築してみようかなと・・・

こんな使い方も・・・まあ、たまにはいいでしょう。


(*1)TOSHIBA Satellite Pro 460CT
(*2)現在はサポートされていません。
(*3)現在はIE6がオンラインでダウンロードできますが、(*2)なので無理。
(*4)脆弱性対策に関するサポートは、検索すれば見つかりますが、そこまでして続けるつもりはないので、今のところ手を出さないでいます。(IE5のセキュリティのレベルはデフォルト(中)です。)

(*5)証人喚問とかは、希望によってそのようなやりかたがある。
(*6)ネットワークインストールとか方法はあるらしいのですが、そのやり方も見つけたものの結構情報が古い。最新のものはFDD起動を前提としていないし、要求される環境も高そうなので、もっと調べてみないと・・・

(*7)SSDとLinuxでシンクライアントを作ろうかなとか。あとNASだったっけ、VISTAはそのあとかなあ・・・結局VISTAは新しめのATXで自作とかだと、メモリーカードとか廃熱とかいろいろ考えなきゃ・・・ううーんドウシテモ不経済だわ。

後記:ウイルスは他に影響を及ぼすこともありさすがにやばくね?なので、AVG Free Editionを導入。
[PR]
by cicadas | 2007-06-23 04:15 | パソコンは生きている