やさしく微笑む携帯電話

(半ば「マイレポート」ネタ)

昨日未明、サーバーエラーかなんかでゲームから切断されたのが連続的に起こって、腕組んで頭をかしげること約一分。タスクバーの時刻が傍らにある時計と5分くらいずれているのに気づき、携帯電話を取り出し各PCの時刻もチェックすると、それまでてっきり時計の方が進んでいると思っていたのが、ゲーム用PCの時刻だけが遅れていたことが判明。

携帯電話の時刻が「自動調節」に設定されているのを確かめた上で、各PCの「日付と時刻の調整」を実施。

以降、上記の症状は起きなくなりました。

(久しぶりに、ログイン時の「ぽっぽー」と言う洒落たサウンドを耳にした気がした。)

PCのインターネット時刻サーバーとの同期を自動的に行うように設定した場合、同期先との何らかのエラーによって、エラーログが更新又は蓄積され、複数のサービスに影響を及ぼします。

今回の場合、デフォルト設定の「自動的に同期する」のままだったので、数週間して、Windowsファイアーウォールにまでそのエラーが波及したものと推察されます。

勿論確証は得られないんですが、一般的に、いちいちこの辺は設定なんか最初は誰もいじくらないはずですから、切断要因のひとつであることは、たぶん間違いないでしょでしょ。


とは言え、これが決定的でないことは、過去のQ&AやFAQなどから見ても明らか・・・なんですが、

今回の件は、PCユーザーの日常にもっとも直面した、あたりまえのようで実はそうでもないみたいな、なんとももどかしい局面における実際なことから、本投稿に至りました。

以下日記みたいな、そうでもないみたいな・・・




・・
ああ、このときほど、「山椒は小粒でぴりっと辛い」の意味深さと、片手に納まるこのちっこい集積回路の詰まった箱の電源を入れればたちどころにβ‐TRONが起ちあがる、神秘の世界を垣間見、へへー観音様阿弥陀様ーとまるで後光がさしていたかのようなありがたみを感じたことはない。

思い起こせば、携帯電話を手にして腕時計をしなくなってから、かれこれもう5年以上になるか。なにも気にせずに、単なるツールとか言って、いつしか粗雑に扱う気分で居たのかもしれない。

今のこの気分は、あれににている、風邪をこじらせて寝込んだとき、健康がいかに大切で、もっとも自分に近くあるべきことなのかを、実感させられた時のなさけないやら、申し訳ない気分。

ただただ、感謝ですよ。いくらでも、一粒のお米を感謝してよくよくいただかなければなりませんほどの・・・ってのは言い過ぎかもしれませんが。

携帯電話やPCは、こちらが手で操作すれば、それなりに反応があって、何かが返ってくるわけですが、その部分は無償で奉仕されているんだと言います。

しかもそれを初めて手にしてから。
顔も何も無いけれど、きっと、
それからずっと微笑んでくれているんだ。
[PR]
by cicadas | 2007-04-30 04:31 | 蝉の羽音