何かを残すべきですか?

あけましておめでとうございます。

一年ぶりの、しかも、かなり遅れましたが、プリストンテール三昧のお正月でした。
今年は10周年なんだってね、それもめでたい。
10年たった今この時まで、運営が転々と引き継がれ、サービスを継続し、提供されていることについて、このゲームの真髄は、その点にあったんだと、あらためて感慨深く心する次第です。
ああ、胸圧~。

イベントについては盛りだくさんで、十分楽しめます。特に、連日ログインでアイテムをゲットしようってのは、モチベーションとしては強いですよね。

昨日ヨドバシカメラへ買い物に行って、面白いことがありました。実演販売に抽選会がついていて、残念賞としてうまい棒を一本もらえた。連休中は繰り返される予定なので、こりゃあまた抽選に挑戦せねばなと、その実演販売、一日に何回やるの?とか、思わず店員さんに聞いちゃったりして、ってか、うまい棒買えよ自分。

っと、話はプテに戻りますが、4次転職にあたっては、クランのご協力いただいたため、無事ことが運びました。ご協力くださった方々には、この場を借りて感謝のお礼を言わせてください。
ありがとう
そして、ありがとう


何かを残すべきですか?
[PR]
# by Cicadas | 2013-01-13 03:52 | 蝉の羽音

デル戦記

先月、デルのパーソナルコンピュータを中古で購入しました。
OSの再インストール用 DVD が添付されていて、Microsoft の Windows XP と Vista のどちらかを選べるようになっていました。XP は Professional SP3 で、Vista はビジネスの SP1 です。
購入時はすでに XP がインストールされていて、しばらくはそれを使用していました。

年明けて、正月に続く連休でありがたかったのと、昼間の陽気に誘われて、ハードディスクを SSD に換装し、グラフィックスボードもアップグレードし、ついでに Vista でインストールを試みました。

グラボは SAPPHIRE HD5450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA
SSD は Intel® SSD 335 Series
おっと、肝心の、本体を忘れてた。パーソナルコンピューターは、OPTIPLEX 760 SFF です。

Windows Update における更新プログラムの数は 114 個でした。さすがに多いですよ。この記事書きはじめて更新を開始してから、今まで進捗は7割くらいかな。

と、ここで賢明なお方なら、きっと「新しいの買ったほうがよくね?」とか、思うはずなんだ。けどね、こちらはパソコンをいじり倒すのが楽しいからやっているのよ,

今後の予定だけど、内臓フロッピーディスクはケーブルを外してあるので、いずれ内部USB接続のカードリーダーにしてしまうのと、それから、装備できるメモリーの上限が8ギガまでなので、その上限まで増設することを計画しています。つまり、Windows7 やWindows8 へのアップグレードを視野に入れての購入だったってことです。

Windows Vista のインストール時にちょっとつまづいたことは、イーサネットアダプタのデバイスドライバをあらかじめUSBメモリなどで用意しておくか、インストール開始時の案内を見過ごさずに、添付のデバイスドライバDVDからファイルをコピーしておくことくらいでしたかねえ。とかくXPでサポートされていたハードウェアが、Vista ではしばしば無視されていることってありますよね。

あ、不満といえば、とっても憤慨したことがひとつだけあります。それは、添付されたDVDの梱包。簡易な梱包で、開けるところにのりがついていまして、気をつけて空けないと、DVDの表面にべっとりと張り付いてしまったりなんかして、まあ、洗えばいいじゃない、うん。

追記、一通りアップデートが終わり再起動したら、更に 15個のファイルの更新がありました。キャー
更に追記、SP2へ更新すると夜が明けてしまうという。ギャー
[PR]
# by Cicadas | 2013-01-13 02:31 | パソコンは生きている

詳しくはキャプションをご覧ください。
それと、動画そのものも、どうぞご覧ください。


で、今回久しぶりにニコニコ動画に投稿をしたのですが、プレーヤーとかリニューアルされて、ブログにリンクを張るのに、ちょっと手続きが増えて、面倒くさいでたまりません。TwitterやFacebookには連携しているそうですが、創作を広めるためにブログを活用するなんて時代はもはや古いんですかね。
[PR]
# by cicadas | 2012-05-03 16:59 | 近況かもしれない

復活の日々の連続

それは西暦2012年元旦の静かな真夜中に起こった。
パソコンのハードディスクがクラッシュした。

目に見えるような兆候はあった。ただそれは一度だけ・・・

使用中のパソコンがフリーズしてリセットボタンで再起動すると、思いがけず(設定もしていないのに)不良なクラスタが連続して、3分ぐらい、ものすごい速さで、そして、数えていられないほどの「不良セクタからシステム修復した」と言う紹介メッセージラインがコンソール画面を下から上へ走った。その間はすごく長く感じられたので、何もいじらずに放っておいた。やがて、システムが再起動し、Windowsはさも異常がなかったのような素振。
気づくべきだった。
Windowsにログインしたときに、たいていは「システムを異常な状態から復旧しました」と言うバルーンが上がる。しかし、私の記憶が確かなら、その時にはそれが表示されなかった。あるいは、表示されていても見逃したか、見ていたとして、お約束ともいえるくらいのハードディスククラッシュに直面したときにたいていの人間の示す急激な落胆(私としてはそれが久しぶりだったこともあって)の大きさゆえに、自分で記憶を消したのかもしれなかった。

今となってはその瞬間の詳細な記憶は一切残っていない。

それから今日まで、Windowsの再インストール(もちろん新しいハードディスクへのクリーンインストール)と、幾多のアプリケーションのカスタマイズチェックとアクチベーション、時にはこれまであまり使わなかったツールや機能の仕分けと整理、作成したデータの復元と重複整理、その他その他、とにかく、完全なる復活は望めないことであったから、空いている時間をやりくりして、こつこつと復旧作業を重ねた。

その過程で、原因が判明した。ことがおきる数日前・・・

ケーブルのコネクターカバー部分の破損による故障探求のため、別のケーブルにとっかえひっかえしている途中で、静電気による放電を、ダイレクトにハードディスクのへ与えてしまったものと思われる。季節は冬で、電気ストーブもつけていたし、床には毛布が無造作に置かれていて、時々それにくるまっていた。

・・・あまり思い出したくないな。
けど、過去に何回これ(ハードディスクへのクリーンインストール)を繰り返したんだろう。

??そこで思い浮かんだのが、とあるジャンプクラスタでの結構有名言
それじゃあ、お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?

だった。

繰り返そう。静電気放電だったと思われる。はっきり憶えているのはそれだけだ。
そしてこらからもたぶん繰り返す。でも、いいじゃないか。
経験を繰り返すってのはトレーニングともいえるし、それらを経て人の一部は強くなれるのだから。

たぶん・・・
[PR]
# by cicadas | 2012-05-03 16:44 | パソコンは生きている

信じられない光景

約1年ぶりに再びプテにログインしてプレーしました。

信じられない光景のひとつに、以前と変わらないか、あるいは、以前よりちょっとユーザーが増えたのかなと感じるくらい、リカルデンタウンの広場に、プレーヤーのキャラクターが置かれています。
なんとなく賑やかでうれしいですね。

もうひとつ、これは光景と言うよりゲームの体感です。ゲームバランスが安定しています。まず気力水のコンボ(ドロップが2つ3つ重なること)が、ルネッサンス初期の状態に近いものとなっていて、必要な水薬をサクサク集めることができます。狩場のMOB発生はおそらくデフォルト(緊張感を持続できる程度の数の多さと、消えたらすぐまた湧いてくる程度の繁盛度)あと、気持ち、MOBの索敵能力がひとまわりあがったような感じです。
狩りが楽しくなりますね。

あと、イベントですが、街中の雪だるまは上れます。街中の雪だるまは上れます。(大事なことだから2回言いました)トナカイのルドルフ君によるアイテム交換も、上々です。狩り場の雪だるまもそこそこ出てきてうにゃうにゃ踊っています。

年末年始をかけて、リハビリを決行します。

ところで、現在ゲームに使用しているPCは、10年くらい前のものです。シングルコア(Pentium 4) 物理メモリーが1G(RDRAM) それでもサクサク動いているからたいしたものです(攻城戦や召還イベント等の激しいものはどうかわかりませんが) Windows XP がサポート終了するのが2014年(ソフマップ店頭表示による) ですから、この先どういった変遷を辿っていくことになるのでしょうか。これもまた、楽しみでなりません。
[PR]
# by Cicadas | 2011-12-27 01:08 | 蝉の羽音

(タイトルは思い付きです。ほげほげ。)

新しい土地に引っ越してきて1ヶ月が過ぎましたが、プテ用途のX100がご臨終でして、厄介なことに、故障箇所が一番先に動作するはずのメイン給配電回路とROM近くらしく、いじるには相当の覚悟と度胸が要るために、(PCが)不死鳥のようによみがえるかどうか、一向にめどが立ちません。

VISTA自作機は支障なく稼動していますが、そろそろHDDの動作も不穏な頃かと思うので、ここはひとつ、複数のPCを持っているのならと、ネットワークドライブ構築を企んでいます。
さらにはプテ兼、モニターテスト用に中古の低スペック機を1台ゲットする計画もあるんだかないんだか。

VISTA機の用途は創作で、特にここ数年は音楽を中心に作っていたりします。

ただ、自分以外の人にそれを聴いてもらうには、それなりの工夫とか要るわけでして、要はビジュアルとハーモニーになっていないと、近頃はぜんぜん楽しめないらしい。
それに、目に触れる機会も作らなきゃだね。

ってんで、コピペっと。


「スカル」は「しゃれ」です。勿論内々に「しゃれこうべ」であるのと「おしゃれ」であることをかけてUpしたんですが、そこまで気付く人はさすがにいないだろうなあ。
[PR]
# by Cicadas | 2011-05-29 22:57 | 近況かもしれない

近況報告

久々のブログでございます。

まず、震災の話から。

当日は職場にいました。

1回目の揺れが徐々に大きくなって、だれだったか大声で退避ーとか叫ぶから外出ちゃったんだけれど、それってプロセスとしては早すぎるのだろうけれど、建物の古さや、その他諸々総合してとっさに出たんだと思うので、正しい英断だったと思うよ。ってか、その時既に半分以上飛び出してたりしたっけね、チョコッと空しかったりもするが、みんな無事だったからOK

揺れがおさまってやれやれと建物の様子の確認に取り掛かると、2回目のもっと大きな地震。
結局2時間くらい外に退避していました。場所は横須賀ですが、うちは津波の被害はありませんでした。

その後、夜暗くなりまして、停電から復旧しないため、一切の仕事を停止して、帰路に向かいます。歩いて2時間半くらいかかりましたか、辺りは真っ暗です。町内会の集会場に人がいるのかいないのかわからなったので、家に入り、じっとして眠りました。

次の日の土日は、たいして何もしなかったと思います。ってか、詳しい記憶がありませんし、思い出してもたぶんつまらない。

電車が運転を見合わせていたので月火水と自転車で通勤帰宅を繰り返します。今でもお尻が痛い。
この間、仕事になりません。余震もあったしねえ。

そのブランクを取り戻すため、19日からの連休は余計なことは何も考えず働きました。計画停電も見合わせられたこともあり、おかげで何とかなって助かった。

そんなこんなで、なにやら異動の話があるようです。
時期的には4月からのはずですが、学校だって何だって4月末頃まで様子見ですからねえ。
はっきり決まればまたお知らせすることになろうかと。

まあ、そんなところです。

いろんなところで、いろんなことで、たいへんだと思います。

そうでないところはそれなりに何がしか影響受けているでしょうし。

でも、みんななんとかなる。そうじゃなきゃ悔しいじゃん。

・・・っということで、おそらくゴールデンウィーク後には、こちらは何もかも落ちついてプテにも復帰できる。
予定、としておこう。
[PR]
# by Cicadas | 2011-03-21 22:32 | 近況かもしれない

ご用心なさいまし

平成も23年となりまして、西暦も2011年となりました。
数字の魔と言うものがあるとしたら、この年のことを言うのでしょうかね。

どちらも素数です。

ある意味今年を難なく右から左へ受け流すことが出来れば、それ以降は万々歳になるのかもしれません。

今年の新年は、明けましておめでとうなんて、正直、明るく振る舞うこにこれまでよりずっとカロリーを消費する、そんな年になりそうかな、どうなんでしょうね。

とりあえず今の私は、くいを打たれたみたいに肩がこっていますが。

今年の抱負として、よく「飛躍」と言うキーワードを目にしますが、私も使いたいですね。大きな壁をなんとか乗り越えて・・・いや、そのまえにその壁が何なのか、どんな壁なのかをよく観察して、よく確かめてからにするといいですかね。

過去に私は共生について自分自身の思いついたことを書きかけたことがありましたが、その勉強も、今年の早いうちに整理しておかないといけないようです。

詳しいところ、はっきりしたところは折々書いていくつもりです。

とにかく今は、肩こりがひどいので、とりあえず新年の初めに、お祈りして眠ることにいたします。

どうか今年こそは、世界中が平和と愛に満ち溢れますように。

それでは・・・
[PR]
# by Cicadas | 2011-01-01 02:02 | 近況かもしれない

今年学んだこと

(結果的に)今年の総括の歌ができたのでニコニコにUPしましたー

歌の内容は・・・
今年一年で学んだことのうち、一番大切だと思ったことですかねえ。


思い起こせばブログやSNSなどの、こちらから送るメッセージは、半分かそれ以上は、自分自身へのメッセージでもある。でも残り半分は確実に、自分以外の誰かか何かへ向けたものであるし、これからもそうだろうな。

私はこの歌の最後にある、光(未来)の後継者であるし、私の知っている私以外の人も多くはたぶんそうだと思うし、そうなってほしい。

暗い曲調ばっかしなんだけれど、日々の生活の中で常に求めているのは平和なので、素で表現すれば私の創作はどれもこれも、ほぼ同じ色になってしまうだろう。だから、ちょっとあたたかくてやさしい、でも、なんだか寂しい。

でも無理にそれを変えようとは思わない。時々箍(たが)をはずして、宇宙の果てまでぶっ飛んでしまって、何がなんだかわからないこともままありますが・・・

気にしなーい。
[PR]
# by Cicadas | 2010-12-28 18:16 | 近況かもしれない

(タイトルはシュワちゃんがはまり役の映画ターミネーターから)

昨日から久しぶりにログインしています。
すっかりクリスマスと年末年始で、イベント盛りだくさんで結構なことです。

ただし、ログインをずっと続けて、かつ3時間以上もプレー(狩り)を続けた場合、自動的にブロック対象とみなされるのか、その後しばらくログインできなくなる可能性がありますので、こまめにログインし直すことが必要です。詳しくは公式サイトの告知をチェックするとよいでしょう。

あと、そんなに長くプレーしていると、プレーヤーの体力を消耗しますので、プレーヤーの補給の方もしっかりしておきましょう。

できるなら、休憩もはさんでプレーしましょう。

昨日今日と、天候には恵まれているものの、強風が半端なくどひゃーっと吹いているようです。今日それが原因かどうかわかりませんが、切断がありました。ゲーム画面が固まること30秒くらいでしたか、なにもキーを受け付けなくなり、最後に「サーバーから切断されました」というメッセージが画面のセンターに表示されるアレです。

<以下切断されてからの状況レポート>

何度かランチャーの起動を試みましたが、最初はUpdateチェッカーが働いて、そこで止まってErro13というエラーダイアログが出てきました。

その後、直接プログラムを指定して起動を試みました。(AraGameLauncherというもので、デフォルトのショートカットの指定先になっています。SelfUpdaterです。)でもだめ。

次に、psupdateを直接実行。もちろんこれは単体のUpdaterなので、接続できないのなら結果は実行する前からわかっているし、ゲームの起動に直接影響はないけれど、念のため。

次に、game.exeを直接実行。(クライアントプログラムを実行させるための本体。昔(ルネッサンスバージョンに初めて移行される大昔)不具合解消の当面の措置として、この方法でログインが可能だったが、現在それと同じ方法が通用するか、ためしに一か八かやってみた。)が、だめ。

この間、切断があったことをTweet。

少し深呼吸して、再度普通にログインを試みる。と、ここまでの約5分足らずの間に、正常にログインできました。巻き戻りはなかったようです。その後正常にログオフして今この記事を書いています。

レポート終了

・・・ってな具合です。

私みたいにPristonTaleを愛するプレーヤーの皆さんのうち、ブログやTwitterを使用している方々へ

もし、不具合等に直面したら、出来るだけ速やかに報告して、出来るだけ詳しい情報を与えるといいと思います。形は個人個人異なっては来るでしょうが、それらがないと、おそらく何も動かない。

何も行動を起こさない限り、

それはただ嵐が過ぎ去るのを待っているだけなんじゃないかなと。
[PR]
# by Cicadas | 2010-12-26 00:10 | 蝉の羽音

斉藤さんとお付き合い

タイトルは駄洒落半分。

近況ですが、今はマイサイトを設置するべくBind4と打ち合せ中と言ったところでしょうか。

残業も続いていることでもあるし、しばらくはプテにログインする時間が取れないかも。

まあ、身体を壊さないように気をつけていましょう。
[PR]
# by Cicadas | 2010-10-05 02:17 | 近況かもしれない

まずはじめにログインレポートです。

昨日の緊急メンテナンスが始まる頃にログオフしてから、再びのプテへのログインは本日21時半頃から、およそ2時間くらいでした。

ログイン時リカルデンタウンの広場ガス近辺の地点から立ち上がり、まもなくアウェルの丘まで走っていきました。はじめのリカルデンタウンでは、数秒ほどビデオフレームが数枚づつ抜けているようなスキップ現象(ひらたく言うと「ラグ」)のようなものを視覚的に数秒感じました。が、広場の中央を駆け抜けていく比較的早い段階で、それはなくなりました。

アウェルの丘に到着し、周囲にインターセプト(別のユーザーが操るキャラの接近)がないか確かめて、ソロプレイで、サーバー安定の感触を確認しました。

普段でも狩をしているフィールドのせいか、すこぶる安定していました。

クライアントの動作環境はCore2Duo、メモリ2Gで、ページングファイルは設定していません。OSは Windows XP Home SP3,ビデオカードはATI Mobility Radeon X1400

ゲームの設定は上から2,2,off,on,1024*768,On ネットワークはNTTのADSLモアⅢ、インターネット接続プロバイダーはぷららです。

常時リアルタイム保護が動作しているセキュリティーソフトは Microsoft Security Essentials 設定はほぼデフォルトです。

レポートは以上です。

紹介したセキュリティーソフトは、マイクロソフトが無料で提供している、ちょっとぬるめなセキュリティーソフトで、たとえば、プテをバージョンアップ後にしばしば接続できないなんてーことがまったくありません。

同様のグレードと考えることのできるものとしては、アバスト!無料アンチウイルス(なぜ感嘆符かいまだに理解できていないのですが)のサイレント/ゲームモードを無効に設定した環境が、おそらくはゲームユーザーに好まれるかもしれません。

ただし、パソコンの利用方法は、十人十色ですから、断然それらがお勧めですーと言うことにはぜったいにならないので、その辺は自己責で開拓されてください。

また、セキュリティー対策は、ソフトウェアに頼るだけで十分ではないのですから、各人めいめいが学習することをお勧めいたしますです。

で、なぜ、この時点でセキュリティなのかと言うことに関しては、それこそめいめいで調べてほしいです。
ある意味、万人の対策の障害になるかもしれないので、現在のところ、そこまで記事にできません。

・・・と書いているうちにすっかり日付がかわっちまいやがりましたですね。それではまたーノノ
[PR]
# by Cicadas | 2010-09-03 00:39 | 蝉の羽音

タイムシフトとか言われる技術は、ビデオ録画装置がTV放送に使われている頃から、たぶんある。

プロ野球ナイターの実況生放送などを、球場や、その生の歓声音が聞こえる近くのラーメン屋さんでつけているテレビを見ると、放送内容が実際の時間(リアルタイム)より数十秒間(一定時間)遅れて画面に送られてくるのがわかる。また、同じ実況生中継でも、テレビで放映されているものとラジオで放送されている音声を同時に聞くことはできず、その間には常に数十秒の時間差がある。

ネットワークの場合も、おそらくは同じようなことがあるんじゃないのかな。

長い長い回線という経路を経て、私達のパソコンに大量のデータが届き、プログラムを経てから編集されて1フレームずつ処理されて画面に映し出される仮想時間は、サーバー側の実際の時間と完全に一致するわきゃないのだから、ゲームに用いられているサーバー側からのデータ転送が、何らかの障害によってクライアントへ表示されるまでの時間の許容差を越えると、データを管理するサーバーが、「もーこりゃあきまへんわ・・・」みたいなことをつぶやくかつぶやかないかはわからないけれど、とにかくネットワーク上そりゃやばいだろう的な状況になって、自動的にネットワーク接続の一時的なキャンセルが行われる。・・・のだと思う。

この切断が、はたしてサーバーサイド(ゲームサーバーの運営者の管理可能な範囲に限らない)によってなのか、クライアントサイド(ユーザーのキーボードを壊しちゃいそうなほどの過激な動作の度合いによらない)によってなのかは、切断されるとき画面が消える直前にチャット欄に表示される半角カタカナの混じった一見おかしなメッセージを翻訳してみるとわかるはずなんだ。(後者の場合当然それは表示されない)

過去に自分がしたのは、そのメッセージをスクリーンキャプチャーしておいて、Webブラウジングにおいて時たま表示される左上あたりのエラーメッセージを適当にエンコード(表示する言語を変更)したものと比較してみたら、たまたまそれが「サーバーエラーです」というのと一致したことがあった。そんな経験が一度だけあって、私は今この記事を投稿している。

クライアント側が切断することでよく知られているのは、セキュリティーソフトが自動的に「遮断」する動作のことを言うのだろうけれど、今回はどうやらそれによるものではないらしい。

このいっぺん便利そうに見えて、実際にうまいこと利用しなければ、ありとあらゆる社会的な不具合をもらしかねないリスクをはらんでいると言うことで、日本ではなかなか導入されない、わりと著名なものに、「サマータイム制度」と言うのがある。これも、いわゆるひとつのタイムシフトですか。

なんにせよ、9月が開けて早々緊急メンテナンスお疲れ様です。

と言っておこう。

実際の時の流れは止められたりできないからね。
[PR]
# by Cicadas | 2010-09-01 23:58 | 蝉の羽音

外はみんみん蝉が鳴いています。

命短い生き物は一生懸命その生を謳歌するのですね、太陽とともに・・・。

一方 FC_Cicadas はと言うと―
(お気づきかと思いますが、処々の事情を考慮して、できるだけハンドルネームをこれに変更させていただいとります)

―シーズン休暇をだいたい1週間とって、家でもんみり(のんびりの変化形)しています。

FC_Cicadasの解析結果 - RPG職業メーカー
これはプテやんなさいと言う啓示だな・・・

アラリオPristonTale_JPでは、夏季イベントの真っ最中です。ゲーム内では、「調査員を探してアイテム交換(ばくりっこ)」と、「スイカのお化けがアイテムドロップ(ぽとりんこ)」の2つのイベントが進行中。

更に高位レベル者専用のフィールド「永遠の塔3階」が実装されています。

そのうち屋上で物干させられちゃったりなんかして・・・

何はともあれ、夏は身体を壊しやすくなる季節です。

しっかり睡眠と食事を摂って、元気もりもり、仕事する人は仕事して、遊べる人は大いに遊び、この生を謳歌しましょう。
[PR]
# by Cicadas | 2010-08-10 14:22 | 蝉の羽音

東の西武と西に東武??

ビッグカメラのCMソングにあるように、池袋駅は不思議なのです。
なにせ駅の西側には東武デパートがあり、一方の西武デパートは東側にあるのですから。

そこでー!!ってんではないのですが、ちょっと指の運動してみました。

どんな風に見えるかな

低い画質なので、もしかしたらカクカクして見えるかもしれませんが、
後半はマイケルスピンしています。

ちなみにポインティングデバイスはマウスじゃなくてタブレットです。

よい子は真似しないように。
目が回るように少し気分が悪くなりますからねっ。

(この投稿の元ネタは、さる懐かしすぎるSFコミックから。)
[PR]
# by Cicadas | 2010-07-19 18:53 | 蝉の羽音

かまうものかよ

今晩プテ内のチャットで、重度の医療関係に関する話題があり、考えること数分・・・

ちょっとした事例を紹介することにしました。

あまり詳しく説明いたしませんしできませんが、

要は、こちらのブログ(リンク)のように、医療についての体験なりをブログにすると、

それは生きるためのレシピみたいなことになるんじゃないかなあって、

ふと思ったのです。

ブログを書いた動機やいきさつ、書いた人の心情には、はかり知れないものがあります。

どんなテキストも・・・

紹介したブログには私は登場してきませんが、

私の人生に深く関わるものとしてそこに登場する人々は当時確かにそこにあり、

そして今の私がここにあります。

安らぎとか、浄化とか、そういう生易しいものではないことはよく知っている。

けれど、こうすることで何らかの可能性を拓くことだってあるかも知れない。

それがこの投稿の理由です。

なになに?あらぬ憶測を呼ぶかもしれないって??

そんなことたいした問題ではない、かまうものかよ。
[PR]
# by Cicadas | 2010-07-18 23:36 | 近況かもしれない

インテルさん慢心相違

Windows Live OneCareのサポート終了に伴い、現在ゲーム用に使用しているPCのセキュリティ環境を換装作業中です。

いっぺんフルスキャンをかけますので多少お時間がかかります。

ところで、このブログを読んでいるあなた。そうあなたです。

ソフトウェアがウィルスに感染することを知っていますよね。

そして、そのウィルスが人間によって作られたことも。

では、もしも、ウィルスが自動的に作られたとしたら、そして、その結果それが人類を破滅に陥れることになったとしたら、ちょっと怖いですよね。

SFに、そんなのがあったかと思います。ヒューマニズム映画にもなった、あらすじは・・・うろ覚えですがだいたい次のようなもの

確か、世界一性能のよい万能な人工知能が作られて株を上げるが、対抗国に同じような高性能の人工知能が作られたことがわかって、いっそ2つを対決させてみよう、これは面白いことになると、両国がはしゃいでいるうちに、その2つの人工知能が勝手にコミニュケーションを進めて、その2つの人工知能がたどり着いた結論は、人類は害悪だから、自らミサイル兵器システムなどをハッキングして、人類を完全に支配してしまうといったぶっとんだエンディングだったかと。

具体的にそれは互いにウィルスが仕掛けられたことによるのかどうか、詳細は覚えていないのでなんともですが、きっとそんなことがあったのかもしれないので、書きとめておきます。(まだ調べがついていないので)

・・・っと、書いている間にフルスキャン終了のようです。
ではまた。
[PR]
# by Cicadas | 2010-07-13 20:37 | 近況かもしれない

動画うpしましたーっ

てか、これはアニメ化されるライトノベル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のアニメのエンディングテーマ曲を募集していたのでそれに応募するかたちで曲を作って、コモンズからチョコチョコッと公式素材をお借りいたしましてサクサクーっと出来上がったものなんすけどね。

うちには弟すらいませんので、うらやましい(誰が?)みたいな感じなんすが、どうぞご視聴ください。下手なつくりなりに、製作している最中はワールドカップ有りの(とりあえず音消して観てた)、クーラー実装作業有りーので、いろいろと充実していた一週間でした。

どうぞご視聴ください。

[PR]
# by Cicadas | 2010-07-03 10:48 | 近況かもしれない

今日はメンテナンスの日です。もう終了しているだろうということで、帰宅早々プテ公式サイトをチェックしに行きました。
アンケートも新しくなっているようなので、早速これに答えて結果を見ましたら・・・おやおや??
【19時23分現在】
a0005564_19302751.jpg

ということです。
すごい数値ですね、こんなことになったのは始めてですが、よくよく考えてみると、必ず毎回アンケートが更新される度に、誰か独りが必ずこのような結果を見ることができるわけでして、それにしても、何ももらえないのになんとなく嬉しい幸せな気分になれるってーのは、数字も魔法の一つだからなんですかね。

追記【23時50分現在】
a0005564_23512125.jpg

どぎゃんとせにゃいかんほどでもない??
[PR]
# by Cicadas | 2010-06-23 19:34 | 蝉の羽音

今日、プリストンテールの長い歴史の中で、幾つもバージョンを重ねるうちに、レベルを上げること、すなわち基本的育成が、初期の頃よりもずっと容易になっている。

たっぷりお金と時間があるなら、課金アイテムなどを使うのもひとつの上手な方法である。

そうでなくてもタイミングさへ合えば、獲得経験値が平素よりかはずーうっとお得になるイベントに合わせて可及的速やかな目標到達が可能になっている。

初期の目標としては、今なら、Lv60から4次スキルを習得可能とするための3次転職だろう。

そこで、この投稿では、最近新しく作成したキャラクターを転職させたので、その時に気づいたことを記しておこう。

【其の壱】
まず、Lv60に到達して転職手続きを進めたら、最終的な試練のスキルマスターとの対決に入る前に、イベントリの整理などをしながら、30%以上くらいまで経験値を貯めておく。

お気づきかどうかは知らないが、デスペナルティーは通常通り食らうとしても、スキルマスターに与えたダメージは継続し、戦い続けることが可能である。

勿論、そのために、命の水薬は多めに持っておくこと。

これが足りないと、逆に、デスペナルティー分だけ時間と経験値が無駄になる。
【其の弐】
防具や武器をエイジングにより強化してから挑むのも、うまいやり方の一つである。

しかし油断すると、(最近はエイジングレベルの低い段階での成功確率が上がっている傾向にあるから)現在のレベルでは装備できないくらい強化されてしまうので、ほどほどにするがいい。

ちなみに、ブーツやアームレットの強化も可能であるし、しかもゲームマネーがかからないうえに、現在のイベント期間内ではブラックなんたらと言う変態みたいなイベントモンスターをやっつけるとエイジングに必要となる石(神石という)を落としていくので、今が絶好の機会であると言えよう。(ブラックモリプイベントは終了しました。が、またちょくちょく似たようなイベントがおっぱじまるかもしれないし、ドロップ率も昔とは違って、逐一調整されているようでもあるので、根気よくいきましょう。)
【其の三】
スキルマスターとの対決のために、特別なアミュレットを取りに行くが、最初に対決に失敗してしまって、再挑戦する際には、必ず、もう一度スキルマスターに話しかけてから取りに行く。

これを怠ると、スキルマスターの指定したモンスターをいくら倒しても、そのアミュレットを手にいれることはできない。
【其の四】
スキルマスターは召喚獣を出す。
テムスクロン族では、リコールウルヴァリンなど、モライオン族ではマジシャンのとかを・・・

結構ダメージはあるが、吸収が40以上くらいなら全く無視出来るくらい耐えれる。

また、距離を十分に取れば攻撃をしてこないことがある。

召喚獣はとても固いので、相手をしない方が上手くいく。

スキルマスターにひたすら攻撃あるのみで、転職を完成させるんだと、意気込みをあらわにする戦いを続けると、めでたく免許皆伝となる。


だいたいこんなところかなあ。他に幾つかあるけれど、好みにより分かれるだろうから割愛。

あとはいろんな人と、もっともっと情報交換して、もっともっと快適に、楽しくプレイすることくらいか。

ポジティブシンキングなう。
a0005564_1564352.jpg
レイモン様もお疲れのご様子。
[PR]
# by Cicadas | 2010-06-20 14:18 | 蝉の羽音

注:この記事は2008年6月19日10時32分に投稿したもの。
プテ内のさる高貴なお嬢様戦士からのリクエストにお答えして、日付をその時から数年先の今にサルベージする・
(いまなんか石ぶつけられた気がする)のである。
ちなみに、この記事の後段にある紙媒体の辞書は、今年引越しの際に処分してしまった。
当時はまだサブとして認識していたけど、今ではすっかりこれがメインとして定着しているようですね。

<ココカラ>
[Cicadas]はプテのサブキャラクター名(アーチャー)である。
この名前をつけるときには、英和辞典を用意していた(過去形)

最初は虫の名前をつけてやろうと思い立って、スカラベとかトンボとか、調べた。

検索してみて、ヒット数が多いので、これは避けなきゃだめだなーとかで腕を組みつつ、別のアプローチのしかたに変更。

日常的に日本語で呼ばれる名称から入っていくより早かろうと、はじめから英語の単語から探すことにした。

頭文字がアルファベットの前半(A-Lくらいまで?)でとする。
そのほうが自他共に見つけやすいし、印象として覚えられていそうでよさげと考え、
ブログタイトルのから[C]をとり、ぼろぼろの辞典を前のほうからめくって探しはじめた。

[cicada]を見つけて、それが「蝉」のことであるのを知る。

同時に、このブログのプテ専カテゴリー名を決める。

蝉は鳴く声がみんみんうるさいとこから、蝉の声とか蝉の音とかで英訳チェック。
このとき、複数形としては、語尾に[s]をつけない用例が多いことに気づき、「たくさんの蝉の鳴き声」で、もういっちょ英訳。

そんなこんなしている間に、蝉の声ってば、羽をこすることによってあんなけたたましい音出すんじゃね?というアイデアの節目に至り、ようやく「蝉の羽音」に決定。

キャラクター名に戻り、語尾に[s]をつけて完成。ブログユーザー名も自動的に決定。

「さて名前をつけてやろうう」と思い立ってから完成まで実に2時間半はかかったかと記憶している。

語尾に[s]をつけた(後から考えた)理由
①コンプレックスを内的にぶら下げる
②キーボードの[A]のそのすぐ隣に[S]があるので打ちやすい
③イントネーションを最後は下げるような読まれ方を期待
④文字数が7文字になってラッキー
⑤コミュニティーとかコンピューターとか、[C]で始まるそれ系の単語がいくつかある・・・


今はWeb翻訳で間に合うので、その英和辞書(紙媒体)とかCD-ROM辞書は押入れの奥底に眠っていると思う。

けど、また掘り起こしてやろうかな。
[PR]
# by cicadas | 2010-06-10 21:57 | 蝉の羽音

プレイ画面の生中継について、数日前にお問い合わせさせていただいたのですが、その回答をいただくことができました。その内容とは・・・
運営側としては禁止しないが、他のプレイヤーキャラクターなどが画面に出てくる形となることから、それらの方に撮影の許可をいただいていない場合など、トラブルとなる可能性があるので注意すること。
です。

この回答により、だいたいこちらの方針が決まりました。

幸い、キャラクターの名称やチャットのセリフなど、トラブルのもととなる文字等がボケて読めなくなっているので、中継としてはこちらもこのままの低解像度で続けます。
(技術的にこれ以上画質を上げるには経費がかかるしムリ。)

撮影の許可を必要とすると考えれるケースについては個々に判断しますが、基本的にトラブルを回避するためPTでプレイしているものについては当面の間、録画共有しません。
(ただし、生中継はすることがあるかもしれない。)

それと、解説は挿入しません。(プレイに集中したいし、だいいちイメージ崩れるっしょやでムリ。)

最後に、
同じようにプレイ画面の生中継をしようと思った方のために、これはおせっかいかも知れないけれど、いちおうお断りしておきますが、プログラム著作や、運営上ディスプレーされる(画面に見ることのできる)綺麗な画像や音楽などの著作権は、すべて開発者と運営者が保有しています。なので、コピーライトは流しておいた方がいいですね。

それと、その著作に対しては敬意を込めてお届けするつもりでいるといいです。そうすれば、もっとかっこいい動きやアングル、はたまた、放送の仕方や、あれこれ創意工夫を施すきっかけが掴めてくると思うからです。

あと、運営には必ず一言伝えておきましょう、お問い合わせしておきましょう。そうすれば、自分自身に礼節を保つことができて、自ずと善管注意義務が働くことと思料します。
(正確には、善管注意義務が発生するのは運営側にあるのだけれども、それを危うくする要素になることを防止したり、警戒することは、ユーザーにも必要なわけです。まあ、あまり深く考えすぎると、何も動けなくなっちゃうのだろうけれどね。要はその辺のバランス感覚と言うか、歩き方みたいなものがおぼろげながら見えてくると、たいていのことはうまくいくものです。って、既に何を言っているのかわからんくなっちゃっていますね。では今回はこの辺で。)

ありがとうございます。
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-25 00:33 | 蝉の羽音

経費無用!?

前記事で紹介した生放送の設備紹介などをばしておきましょうぞ
(以下の機材はすべて既存、古物です。新規購入は一切ありません。)

①画像取込み先(ゲームプレー用PC)
Shuttle XPC X100、HDD2T、ドライブ数他0、メモリ2G
(現在日本Shuttleではとっくの昔に販売を終えています)

②音声取込み先(①のオーディオ出力)
Sound Blaster Extigy
Creative Multi Speaker Surround(CMSS)採用がウリ
(とっくの昔に生産終了)

③画像キャプチャーユニット
ALPHA DATA CORP.AD-DVO302
(知る人ぞ知るα-データ、この会社も既にありません)

④画像取り込み及び音声取り込及び放送配信用PC
Pentium4搭載マザーGA-8TX
HDD80G未満、ドライブ数他2、メモリ1G(RDRAM←今じゃすっかりお目見えしません)

⑤うまく配信されているか確かめる環境
ネカフェのほか、
1年か2年前に組んだクアッドコアPC、OSはVISTA
ようやく現在に追いついたとはいえ、マザーボードはASRock 4CoreDual-SATA2 R2.0です。

なお、①④のOSはともにXP SP3
...

③でMPEG1リアルタイム(ソフト)エンコードできる画像の解像度は320×240(QVGA)で、添付のソフト(VideoStudio)を一回動かしてからでないと、Ustの方でうまく拾ってくれなかったみたいです。
なお、①の内蔵しているグラフィックチップは多少古いものの(RADEON)クローンモード(仮想的に2枚目のモニターに1枚目の画面と同じ画面をリアルタイムで出力するモード)と、Sビデオ端子(③で取り込む①のクローンのビデオ信号の出口)があり、これらにより、容易に放送可能となっていたのでした。

過去のライブ画像の一番最初の青い画面のみの放送は、クローン設定と、エンコード設定の段階で、システムを再起動しなかったためになかなか成功できなかった頃の名残です。←削除したのでナシ

構築には実質1晩くらいで現在に至ります。

構築ノウハウには、グーぐる検索様と、プテ動画配信先駆者のYanさんのブログ様に多大なるままに参考とさせていただきました。

ありがとうございます。

後記:なまじ深い知識もないのにちょっとした調べごとで、さくっと設置が出来た感じです。これはUSTREAMがそういう風に作られているからで、私の技量のせいではないです。

またチャットでは「Pen4って何?」とかいうくらい、PCに関する知識要らずで何でも出来る。ややもすると、近い将来、気がついたら生放送やっていたとか、そげなことが起きるようになるかもしれませんね。
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-22 22:05 | 蝉の羽音

ライブカメラの試験中

現在USTREAMによるライブカメラを仮設、試験放送中です。
運営上、またはマナー上問題ないかどうか回答をお待ちしているところです。

設営環境は、既存の機材のみ使用。
詳細は追って公開いたしますが、キャプチャーユニット(USB接続)の仕様により、画像解像度PPI(ピクセル÷インチ)が低くなっております。

画像をフルスクリーンで見ると、モザイクめいたものになっていますが、
あくまで仕様です・・・配信もとの。
このままですとチャットやキャラクター表示、数値などの文字がぼけて読めないわけですが、他者情報が承諾なしに読まれてしまうなどのゲームマナー上の不都合や問題は、かえってこれでクリヤーできているのかなと。

また、この設備はマイクがありませんので、残念ながら(と言いつつこちとら残念でもなんでもなかったりするのですが)中の人の音声は挿入していません(できないことはないのですが、おっさん声により効果マイナスと判断して却下。本音を言うと、ほかのプレイ実況放送との差別化と、SNS、ブログ掲載等への拡張性を重視。)

さてどうなるか
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-22 12:39 | 蝉の羽音

どうでしょう

前記事を投稿すると同時に日付が変わっちまいましたので、前記事で紹介した、スペルが全部そろった翌日が本日になるので、ログインして、イベントのアイテム交換プロセスを試してみました。

結果、
a0005564_0114258.jpg


うーん・・・全部そろったのはなんとなくうれしいし、バンザーイ!バンザーイ!なのですが、用意されているのかいないのかわかりませんが、例の思わせぶりな、「素敵なアイテムがもらえるかも!?」というところの何かがあるのかないのかはっきりしません。

現在のところはこんな状況です。
結果はどうあれ、1周年本当におめでとう!
そしてこれからもよろしく。

後記:様子を見ていたら、どうやら、全部揃った時点で、特典がいただけているようです。具体的なところは、まだ1週間あるので、教えませんが、いつもより何倍も喜ぶかもね。
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-14 00:11 | 蝉の羽音

次回予告

「PristonTale 1stAniversary」イベントは、1日につき1回、ゲームとホームページにログインしてから、イベントページの所定のボタンをクリックすると、アイテムが配給されます。

開始されたのが4月21日水曜日で、翌週5月19日定期メンテナンス開始予定前までの間こつこつと毎日のように訪れてクリックするだけで、お得なプレーが楽しめます。

気になるのがそのページの下にある、上記のスペルが1回のクリックにつき1枚現れて、全部そろえたら素敵なアイテムに交換できるかもとか、気の利いた促進文句が添えられています。

順調に毎日クリックするとしたら、本日で、そのスペルが全部そろうのですが、その後日付が変わった翌日はどうなるでしょうか。

もうすぐ日付が変わるので、試してみますね。

では明日。
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-14 00:00 | 蝉の羽音

タマタマ記憶の補完

昨日か昨昨日のPTチャットのなかで、ある人がクランから抜けますと言う話があったのを、今になってようやく思い出した。

どうやって思い出せたかと言うと、およそ一週間まえに、たまたま、クランのメンバーリストをコピーしてワードパッドにとっておいたことがあり、昨夜のチャットのなかで、話さなければならないことがあるはずなんだけれど、あの方の名前なんだったっけ??と、なかなか思い出せないので、そのリストと、今日のメンバーリストを照合すること2分間くらい。
あ!抜けてる!!思い出したーこのお方だ!


その方は、そこかしこのMMORPGでは、クランがいっぱいで、なかなかつなげる時間がない場合は脱退などする物なのですよ的な話と、お世話になった方方によろしくとおっしゃっていました。また見かけたら声かけて的な話も、たしかあったと思います。

なので、まったく会えなくなる事ではないようなので、ちょっぴり安心しています。

ブログにこのことを書くのは、自分の記憶の補完のためです。
非公開とすることも考えましたが、他のクランメンバーにも伝わればと、公開にしました。

ただしキャラクター名をここで公開することは、当人の了承を得ていないので、これが限界です。

あとは、またよろです。

しかしながら、今や、ブログにコメントという伝え方や、Twitterなんてー便利なものもあるし、いくらだってその旨を伝える手段はある。

そんな勢いのある、コミュニケーションの新たな潮流を見出そうとした場合、それに応ずる(あるいは応じなければならなくなる)ユーザーは、どのように対処するべきなのか、思案のしどころなのかもしれませんね。
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-12 01:33 | 蝉の羽音

わんてん比較

PT中とか「犬でかいね」とか時々言われますが、スキルLv10ですので、これが最大値です。
ちなみにウルバリンは犬ではないのです。
見た目はそうなんだけれどね。

連休中プテ三昧だったので、こんなこともやってみた。

*リコールウルバリンのLv1とLv10の大きさをじっくり比較してみよう。
a0005564_2317485.jpg

立ち位置とアングルの関係で多少誇張されて見えるかもしんない。
耳と角をよく見比べてみる。
ディテール(テクスチャ等)が、最大サイズを基本としていること―つまり、モデルを最初に構築するサイズはLv10のもので、できてから縮小させていったんだろうなと言うこと―に気づいた。
なるほど奥が深い。(設計的に)
[PR]
# by Cicadas | 2010-05-09 23:18 | 蝉の羽音

アラプテ1周年おめでとうございます。

こちらも引越しが一段落して、休止していたログインも可能になり、昨昨日、昨日と今夜でようやく記念アイテムの鎧を着せることができ、某アニメ系な突っ込みどころ満載の揶揄などものともせずに、ニヤニヤしている。

注:家にはまだテレビジョンと言うものが設置されておらず、バッファローのちょいテレで番組受信できるかためしたところ、かろうじて龍馬伝録画できるくらいにはなったので、当面の間はこれでよしとする。したがって昨昨日の日曜朝方の受信まで間に合わず、もうとっくに大人なんだからという苦笑混ぜこぜの理由つけてあきらめました。
2週も見れなんだから、もういいかなあって感じです。ってか、普段から見てないってば、その時間はたいてい寝ちゃっているしさ。

ってなわけで、公式のSS掲示板に、早速UPしたのだ。

アイテム取得には初め1回失敗している。ちなみにルーンを生成するにはゲームマネーがかかるけれども、リカで記念アイテムを取得するにはかからないさほど負担にならないにゃ(感染した)

で、この季節、街にも桜が咲いていますが、現実には今夜は雨で気温がめちゃ下がり、寒々としたところ、ゲームのフィールドと、その取得した記念コスチュームのおかげでチョコッと暖かくなった気がするですよ。

ありがとうございます。

おまけ
頭でっかち&桜満開版
a0005564_2123837.jpg

[PR]
# by cicadas | 2010-04-13 01:53 | 蝉の羽音

深夜のネットカフェ
目が疲れたので背もたれを少し傾けて
天井を見上げるとそこにはひとつぽっちのスプリンクラー

えー近況の近況です。
現在住所不定になっています。

といっても、既に新住所の予定は決定しておりますし、引越し荷物の搬出と転出の届出まで済ませてあるので、どうということはないのです。

あとは引越し後でも間に合ういろいろなところの変更手続きを片付けるので、パソコンと奮闘中です。

クレジットカードが多いですね。整理せんとあかん。
[PR]
# by Cicadas | 2010-04-02 01:03 | 近況かもしれない